お手本は、むかしの家づくり│Natural House

新築した家に、住めない人がいるのをご存知ですか。無添加住宅誕生ストーリー。

新築したばかりの家にいると目がチカチカする。喉が痛んで頭もふらつく。こんな症状が起こらない家を建ててほしい。
新築した家に住めない家族との出会い。

それはまだ「シックハウス」という言葉も一般的ではなかった1999年のこと。あるお客様がわたしどもを訪ねてこられました。新築したばかりの家にいると目がチカチカする。喉が痛んで頭もふらつく。こんな症状が起こらない家を建ててほしい。いろんなハウスメーカーをまわり、納得いく解答が得られなかった末のご訪問でした。かねてから、コスト優先・効率優先・画一的で、まるで使い捨てられるように生産・消費されていく日本の住宅事情に疑問を抱いていたわたしどもは、この出会いの先に行くべき道がひらけているのを感じたのです。化学物質がなかった昔に倣い、自然生まれの建材だけを用いて、人の身体に本当にやさしい住宅を建てること。そうして素材を吟味し、工法を工夫し、試行錯誤を繰り返しながらご依頼の家が完成しました。お客様は「住み始めたその日から症状がでなくなった」と喜んでくださいました。後に『無添加住宅』と名付けることになる、わたしどもの最初の一歩でした。

シックハウスに悩む家族が深呼吸できた理由。

『無添加住宅』は、人工的に合成された化学物質を使わず、極限まで天然素材にこだわった正真正銘の健康住宅。例えば壁は、昔ながらの「漆喰」。合成接着剤を使った現代風漆喰ではなく、植物由来の天然のりを使用しています。例えばフローリングは無垢の天然木。防虫やツヤ出しのため化学物質を塗り込めるような「無垢もどき」ではありません。その他にも天然の屋根、炭化コルクの断熱材など、徹底的に天然素材にこだわって造り上げています。難しいのは、天然素材ならどれをどこに使っても体にやさしいというわけではないところ。例えば内装すべてにヒノキ材を使った家を想像して下さい。樹のいい香りがして気持ちよさそうに思えますが、化学物質過敏症の人は住んでいられないはずです。なぜなら、ヒノキには自分の身を守るための天然の殺虫成分=化学物質が備わっているからです。『無添加住宅』なら、内藤にはマツやカバといった虫に弱い、つまり人にやさしい木を選び、防虫のためには昔ながらの「柿渋」を塗って使います。そしてヒノキは強度の求められる土台部分に用います。天然素材それぞれの特性を見極め、「適材」を「適所」にバランスよく配する。人が安心・安全にすむ場所を造るには、それがいちばん重要なことだと考えています。

前のページへ戻る