お手本は、むかしの家づくり│Natural House

 そんな当たり前のことに目をつぶり、コスト優先で、化学建材を多用した工業化住宅をつくり続けてきた日本の住宅産業。その結果シックハウスは起きてしまったのではないでしょうか。
 しかも日本の住宅の平均寿命はわずか26年。化学合成接着剤が20年から30年で劣化して、結果的に接着剤の寿命が住宅そのものの寿命につながっているのです。30年近くローンを払い続けて手に入れた家が、やっと払い終わる頃になって立て直さなければならないなんて、おかしい。
 私たちは、合成接着剤や化学建材などの体に悪い化学物質を使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究してきました。
 建材に使う天然素材は吟味に吟味を重ね、化学物質をできるだけ使わずに究極の無添加を実現し、「無添加住宅」が誕生したのです。
 私は、家も自然と共存して生きていける場であることを基本に、「誰もが」「普通に」「安心して」100年は住める家を建てたいと考えています。

こんな住宅、大丈夫?

寿命が短くなった住宅は、つくられては壊すことをくり返し、建築廃棄物を大量に生み出してエネルギーを消費します。その一方では省エネルギー政策が図られ、住宅の高気密、高断熱化がすすんだ結果、室内の空気汚染が加速し、シックハウスを増やしているのです。

寿命の短い住宅でごみは増え、つくったり燃やしたりエネルギーを消費。高気密・高断熱・新建材で室内環境は悪化。

床はぴかぴかの合成フローリング、壁は塗り壁風のビニールクロス、ドアは美しい木目調の塩ビシート貼り、温かみのあるテラコッタ調ビニールフロア…。なかなか雰囲気があって、掃除もしやすく、新しいうちはきれいに見えるのですが、これらは20年もすれば、ぼそぼそと剥げてきてしまいます。

コーキングは10年でスカスカ、ストレート瓦は10年でボロボロ、断熱材は吸い込むと体に悪いロックウールやグラスウール、内装のビニールクロスは外からの火には強いが、室内から火が出たらダイオキシンを出しながら燃える、基礎のパッキンがプラスチック製!

吸い込む空気は選べない。

無農薬の野菜とそうでない野菜が並んでいたら、体の事を考えて無農薬のものを選ぶことができます。しかし体に吸い込む空気は、自分で選んで吸い分けることはできません。 人は、90%以上室内の空気を吸っています。一日に15kgに相当する量の空気を吸っていることになります。
食品添加物として使われる化学物質に対しては、直接口に入れるものだけに消費者の関心も高く、少しずつ規制が図られてきましたが、建材につかわれる化学物質の規制は、近年ようやく手が付けられ始めたところです。

無農薬の野菜とそうでない野菜が並んでいたら、体の事を考えて無農薬のものを選ぶことができます。しかし体に吸い込む空気は、自分で選んで吸い分けることはできません。 人は、90%以上室内の空気を吸っています。一日に15kgに相当する量の空気を吸っていることになります。

シックハウス症候群は、化学建材から空気中に放出される化学物質を吸い込むことによって引き起こされます。 化学物質に対する人体の許容量を考えると発症し、その体調不良がシックハウスによるものだと判らずに、そのまま原因となる住宅に住み続けていると、さらに深刻な症状の「化学物質過敏性」へと進行してしまいます。

シックハウス症候群は、化学建材から空気中に放出される化学物質を吸い込むことによって引き起こされます。 化学物質に対する人体の許容量を考えると発症し、その体調不良がシックハウスによるものだと判らずに、そのまま原因となる住宅に住み続けていると、さらに深刻な症状の「化学物質過敏性」へと進行してしまいます。

お手本は、昔の家づくり。

化学物質を使い始める以前、日本の家は面積の広い壁には土、柱はヒノキ、梁はマツ、床は畳、間仕切りには障子やふすまといったもので建てられていました。
日本人が健康に暮らしてきた「むかしの家」の、たくさんの土と少しの木、そして草や紙、というバランスには大きな意味があるのです。

化学物質を使い始める以前、日本の家は面積の広い壁には土、柱はヒノキ、梁はマツ、床は畳、間仕切りには障子やふすまといったもので建てられていました。
日本人が健康に暮らしてきた「むかしの家」の、たくさんの土と少しの木、そして草や紙、というバランスには大きな意味があるのです。

自然科学的な視点からみると、人にとって安全な住宅を建てるには無機物をたくさん使って有機物を少なくすることがよいと考えられます。
有機物である植物は、生命連鎖の中で虫や菌から自分の身を守るために、天然の化学物質である毒をもっています。自然科学的な視点からみると、人にとって安全な住宅を建てるには無機物をたくさん使って有機物を少なくすることがよいと考えられます。
有機物である植物は、生命連鎖の中で虫や菌から自分の身を守るために、天然の化学物質である毒をもっています。
一方無機物は生命活動に関わっていないため毒を持つ必要がなく、重金属や放射線物質を除けば人間には無害なものです。

新築した家に、住めない人がいるのをご存知ですか。無添加住宅誕生ストーリー。

無添加住宅は「すっぴんの家」

無添加住宅は自然のまま、よけいな化粧はしません。
例えば壁はしっくい、フローリング・建具・家具はムク材のまま。
華やかな壁紙を貼ったり、表面をピカピカにコーティングなどしません。
だから最初は簡素な空間かもしれません。それは何故かというと、化学物質を使わず健康に暮らしていただきたいから、そして自分好みの家具や小物でオシャレに豊かにはぐくんでいきたいからです。
時とともに暮らしとともに深い味わいを増していく自然素材。
素足に残るしなやかな感触はいつまでも子供たちの心の奥に残ることでしょう。
無添加住宅はすっぴんの家、あなた好みの色に染めてください。

接着剤「米のり・にわか」 外壁・内壁・天井「漆喰塗り」
無添加住宅は「すっぴんの家」
断熱材「炭化コルク」 防腐防カビ・塗料「柿渋」 床・建具「ムク材」